運動や食事、精力剤など、精力の減衰を防ぐ方法はたくさんあります

加齢と精力減衰

 

なぜ加齢で精力が衰えるのか

加齢が進むと精力は衰えていきますが、そもそも何故こういった現象が起こるのでしょうか。
これは身体の衰えによって、男性ホルモンの分泌が低下してしまうのが原因です。

 

男性ホルモンは精力の充実に大きく関わっており、若い時にはこれが活発に分泌されます。
しかし年齢と共に活発さは失われていき、男性ホルモンが減少してしまうことで、精力もまた衰えるのです。

 

 

男性ホルモンを分泌させることが解決のカギ

加齢をくいとめることは不可能にしても、精力減衰と加齢の関連を知っておけば、対処することは可能です。
加齢で精力減衰に至るのは、男性ホルモンの分泌が低下するのが原因です。
つまり、男性ホルモンの分泌を充実させる事ができれば、精力減衰を抑える事ができるわけです。

 

例えば運動や筋トレなど、汗をかくほどの運動量を毎日こなすことで、男性ホルモンの分泌を活性化させます。

 

また、精力剤を使って男性ホルモンを分泌させるのも効果的です。
ただし精力剤の場合は、その効果を得られる成分が含まれていなければ意味がありません。
このため、ある程度成分の知識を得て、それを含んだ精力剤を摂取する必要があります。
精力剤に含まれる成分

 

また、食事によって男性ホルモン分泌の活性化を狙う方法もあります。
この場合、栄養素としてはビタミンEが大きく関わっているため、それを含んだ効果的な食べ物としては、ウナギやアーモンド、カボチャなどが挙げられます。

 

ただし食事の場合は、逆に男性ホルモンの分泌を抑える効果を持ったものもあるため、それらを取り込んでしまうことで、逆効果となってしまうので要注意です。

 

余談ですが、妊活をしている男性の場合、精力がつく食べ物として、よくウナギなどが食卓に並びます。これは今回テーマに挙げたような、男性ホルモン分泌の活性化を狙っているのです。

 

加齢による精力減衰は、加齢自体を抑えることができないため、解決手段がないと思ってしまう人がいます。
しかし、ただ加齢が精力減衰に繋がると言い切るのではなく、加齢によって何が起きて、なぜ精力減衰に至ってしまうかを考えるようにすれば、対処方法が見えてくるのです。