精力剤は正しい用法用量を守らないと危険な副作用を引き起こすおそれがあります

精力剤の種類と副作用のリスク

精力剤の種類は二つに分けられています。

 

一つは医薬品としての精力剤で、これは文字どおり薬品成分が含まれているものです。
代表的なもので言えばバイアグラが最も有名です。

 

もう一つは、天然成分を配合させた、サプリメント系の精力剤です。
ネットや雑誌の広告などで、「○○を配合!」など、精力増強に繋がる天然成分を複数含んだ精力剤の紹介を見かけますが、それがサプリメント系の精力剤です。
当サイトで紹介しているヴィトックスaなどもこれにあたります。

 

精力剤はこれら二つのタイプに分けられますが、副作用を引き起こしやすいのは前者の方で、それは精力剤に薬品が含まれているからです。
これは考えてみれば当然のことで、病気の際、医師に処方される薬に副作用があるように、薬品である以上、どうしても副作用のリスクはあるのです。

 

また、天然成分の精力剤であったとしても副作用を引き起こす可能性はあり、特に大量に摂取した場合です。
効果を期待するあまり、大量に摂取してしまうことで副作用を引き起こしますし、精力剤の効果は、量ではなく、継続することで期待できるものなので、過剰な摂取には注意してください。

 

 

副作用への考え方

主に、頭痛や下痢など、副作用として大きなものはないですし、それも一時的なものです。
また、アレルギー体質の人の場合は、発疹やかゆみを引き起こす可能性もあります。
できれば防ぎたいと思うでしょうが、精力剤を使用する以上、ある程度の副作用に対しては了承が必要です。

 

どうしても副作用を恐れてしまいがちですが、何よりも大切なのは、正しい使い方を心がけることです。

 

上記の副作用は、あくまで普通に利用した上で起こり得る副作用です。
このため、過剰に摂取した場合などでは、全く別の症状が起こるかもしれません

 

また、薬品の類には必ず注意書きがありますが、それを気にせず使用することもおススメできません。“持病がある方は使用前に医師にご相談ください”、こうした注意書きをよく見かけます。

例えば高血圧の人の場合、精力剤で血流量を増やすことを考えると、自己判断で使用するのは危険です。

 

このように、精力剤は単に副作用の有無で判断するのではなく、むしろ、含まれている成分が自分に合うかどうかの方を意識し、正しい使い方を心がけることの方が大切です。