睡眠時間で精力にどのくらいの差がつくのか、関係性を調査しました。

睡眠時間と精力の関係

 

精力を強く保ちたいと思うなら睡眠時間と質を大切にすると良いです。
実は、精力と睡眠時間には密接な関係があるのです。

 

良質な睡眠を取る人は心身共に健康になり精力も旺盛になります。
睡眠時間と精力の関係について知れば、日々の生活サイクルを見直すきっかけになるでしょう。

 

睡眠を取る男性

睡眠時間がなぜ大切なのか、それは男性ホルモンであるテストステロンの分泌が行われるからです。
男性ホルモンは精力と深い関係があり、テストステロンの分泌量が多い方が性欲旺盛になります。
睡眠不足が続くとホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

 

そうなると、自然と性欲が湧かなくなる、勃起する力強さが下がってくるなどの弊害が起きるのです。

 

睡眠に適した時間は6時間から8時間とされていますが、社会人がこの睡眠時間を得るのは大変な時代です。
残業や趣味に費やす時間を睡眠に使うのはなかなか難しいものです。
しかし、この睡眠時間を得ないと男性ホルモンの分泌は減ってしまいます。

 

精力を衰えさせたくないなら睡眠時間を大切にするようにしましょう。
ちなみに、22時から2時の4時間が良質な睡眠のゴールデンタイムと呼ばれています。
人間はこの時間にホルモンバランスを整えるように出来ているのです。

 

加齢と伴い体力は落ちていき精力が減退していく男性は少なくありません。
精力を保つには良質な睡眠と規則正しい生活を維持することが大切です。

>>加齢と精力減衰について

 

良質な睡眠

また、ただ眠れば良いという訳ではない点にも触れておきます。
良質な睡眠を取らなければ男性ホルモンはしっかりと分泌されませんし、疲労も回復しません。
電気やテレビを付けっぱなしにして眠ると目に刺激を受けて脳が休まらないのです。
ホルモンバランスの調整は脳が行っているので、少しでも眠るのに適した環境にするのを心掛けましょう。

 

枕の高さが合わなかったり、極端に熱い部屋、寒い部屋というのも睡眠を妨げる原因になります。
眠る前に大量のカフェインを摂取するのも眠りを浅くするので厳禁です。

 

精力減退を予防し、精力アップを目指すためにも正しい睡眠時間を取るようにしましょう。
精力剤などを使用しても精力が回復しない人は、こうした生活習慣が問題になっているのです。