トノスについての詳細はこちら

トノスについて

セックスというのは、2人で愛を確認するものですから、お互いが想い合って楽しまなければなりません。

 

しかし、統計から見ると男性と女性のタイミングが合わないことが多いそうです。

 

男性の挿入から射精までの平均時間は14.2分と出ていますが、これに反して女性の相手に求める希望時間は15.7分なんです。
また、30分以上膣内に入れていて欲しい人が14%もいることが分かりました。

 

この1.5分という差をどうにかしたいという人にはとてもオススメな商品があります。

 

親子3代お世話になってる人もいるという「トノス」という薬品です。

 

これは、飲むタイプではなくて、塗り薬です。

 

少し早漏を気にしている方やパートナーの為にもう少し長くしてあげたいという方は、セックスの2.30分前によく刷り込ませるように陰部に塗ります。

 

そして、麻痺してるなと思ったら綺麗に石鹸で洗って下さい。
また、勃起力を上げたい人は、毎日睾丸に塗ると効果が出てきます。

 

射精まで14.2分というのは決して早漏とは言いませんが、ここで早漏の定義というものを考えてほしいのです。

 

射精のコントロールが出来ない人や自分orパートナーが心理的苦痛を感じる場合も早漏というのだそうです。
こういった人に「トノス」は効くんですね。

 

挿入から射精まで2分もたないという人は明らかに早漏ですから「トノス」ではなくてお医者さんに見てもらいましょう。

 

実際にトノスを使っている人は、睾丸に塗るようになってからは見違えるように元気になり、精子の量も増えたという人がいました。
今まで悩んでたのが嘘みたいと言ってる人も。
99%は効いたと言っていますね。
これはすごいことです。

 

効かなかった人やまだ実感がないなどという人は、これから効いてくるのかもしれませんね。

 

注意点は、亀頭部にいきなりたくさん付けると、勃たなくなってしまう可能性があるということと、女性に舐めてもらう場合はしっかりと洗ってからにすること、そして膣の中には決して入れないことです。